スマホデビューしたいあなたへ!
no
最終更新:2016年12月7日

ドコモから本体価格が600円台の格安(と、誤認されそうな雰囲気の)新商品のスマホ本体が発表されました。
(実は本体価格32,400円)

実は全然安くない! 月額 約6,000円~✕24ヶ月

実質 約144,000円~+600円(+税)

なんともユーザーを『おちょくってる』感が満載の商品かと・・

ドコモ 本体600円台の格安スマホの特徴(一部未確認)

  • 600円(税込み648円)は2年縛り+ドコモの「端末購入サポート」を利用した場合に限られる。
    (実際の価格は32,400円+初期費用)(複雑すぎて意味不明の感も)
  • 一年目の途中解約の違約金は15826円
  • 月額(基本)料金が600円(税込み648円)になるわけではない。
  • 他のスマホと同様にドコモの無料スマホ教室で教えてくれそう。
  • 困った時にはdocomoショップに行けばなんとかしてくれそう。
  • スマホ製品名は『MONO(もの)』中国メーカーZTE社製品

事実誤認しやすいこと。

  • 600円は月額(基本)料金のことではない。
  • (今回=従来比で少し安いスマホ本体の発表をしただけで、相変わらずdocomoの月額料金が高額であることに変わりなし。月額料金は従来通りの模様。)
    (実際の本体価格は32,400円+初期費用)

  • 648円を握りしめてドコモに行っても、同製品を単体で売ってはくれない。
  • 一見、他社よりも安く見えるかも?でも、実は一年間の支払総額なら他社の格安スマホのほうが遥かに安そう。

その他、あまり期待できないこと等。

  • 中国製(ちと不安)
  • テレビは見れない(ワンセグなし)
  • おサイフケータイなし(ちょっと辛い)
  • 一年縛り(嫌でも1年は契約必須?)
  • たぶんロースペック(未確認)
  • docomoの独自アプリが満載で動作が激遅(未確認)

スペック他、詳細は不明。

良いモデルでありますようにと祈っておきます。。。

産経ニュースでは『ドコモが格安スマホ潰しの“秘密兵器”投入』と、旧来の格安スマホと同列に扱っている(と、誤認されそうな雰囲気の)記事を掲載している。
http://www.sankei.com/economy/news/161019/ecn1610190022-n1.html

製品名は『MONO(もの)』で、MVNOと一字違いではあるが、実は巷の格安スマホ(MVNO)とは全く異質。

(同製品は2016年12月からの販売を予定しているようですが、648円を握りしめてドコモショップに行っても、同社で同製品を単品で販売するわけではないので注意が必要。)

(ちょっとガッカリな内容かも?)

なんともはや、格安スマホとは かけ離れた料金体系のようですね。

でも、docomoで売ってるスマホだけが選択肢ではありません。

実は、ドコモが出す格安スマホと同様にdocomoの電波を使っていて
通信回線が安定した格安スマホが既に存在するんです。

ええ、docomoと同じ電波環境と回線の格安スマホが既に存在していますので
強いてdocomoで買う必要はないのです。

今、直ぐにでも買えますので、そちらの方が早いですね。

激安でソコソコ使えるのが欲しければ?

ぶっちゃけてしまえば・・・

本体は、↓↓↓こんなので十分じゃなかろうかと??

実は、安物でもちゃんと使えたりします。

当然!docomoの600円スマホよりも遥かに安くなるのは間違いありません。

加えて!docomoのスマホと同じ電波エリアで安定運用できます。

本体買ったら、あとはdocomo系の格安SIM↓↓↓を入れればdocomoの電波を使える格安スマホの出来上がりです。

2018年 自分が格安SIMを買うならこれが有力候補です。

コスパと豊富なプランで断トツのNo1!
(SIM・通信設定など自分でやる方限定)
dmm
電波のエリアはdocomoと同じ!

自分が次に買うならこれが最有力候補です。
但し、SIM・通信設定などを説明書見ながら自分で設定する方限定です。
なんといってもコスパが魅力!!
国内No1の豊富なプランで無駄がない!
電波のエリアはdocomoと同じ!
初期設定なんかなんとかなる!って人にオススメ!
ホームページに詳細解説が有るから心配なし!
自分が次に買うならこれが最有力候補です。

docomoの600円スマホ=12月中ってことは??

実質2017年ってことでして。。。

もし、これからスマホをはじめるなら、・・

わたしの経験上、少しでも早くはじめるのが得策です。

スマホの教室に行って、一日みっちり教えてもらっても・・
一度に全部の操作と機能を覚えるのは、ちょっと無理です。

無理なく覚えられて、スイスイ使えるようになるには?

毎日ちょっとずつ、気軽に電話と遠隔(リモート)サポートで操作や使い方を
気兼ねなく毎日教えてもらえる会社のスマホが良いでしょう。

初心者サポートNo1!ビギナーに優しい機能満載!!
電話サポート付き!はじめて買うなら、これがラクチン。
toneモバイル
電波のエリアはdocomoと同じ!

はじめてならコレ!

蔦屋書店・レンタルビデオで有名なツタヤのスマホなら初期設定済み!
はじめてだと面倒で難しいSIM設定なども不要。
届いたらすぐに使いはじめることができます。

さらに無料でサポートが付いてくるのが魅力!
電話で操作を教えてくれるのは勿論のこと、
無料の遠隔(リモート)サポートもあるので安心!
サポート詳細はこちら。

しかも、初心者に優しい機能も満載です。
初心者に優しい機能はこちら。

一部地域限定ですが、蔦屋書店の店頭サポートも有ります!
店頭サポートの詳細はこちら

TSUTAYAのスマホならではの機能も充実。
ツタヤだから、Tポイントも付きます。

いざというときに使えるdocomoの回線と電波エリアで安心!
なんと、通信容量が無制限
しかもこの価格!!本当に大丈夫??ってほど安い!
しかもツタヤのスマホだから得体の知れない会社と違って安心!

はじめてのスマホなら・・慣れるまでに結構時間がかかるかも?
ということは?最高性能(高額)のスマホじゃ勿体無い?
だったらこれしかないでしょう!
普通に使うには十分です!!

2018年 自分が次に買うならこれが最有力候補です。

コスパと豊富なプランで断トツのNo1!
(SIM・通信設定など自分でやる方限定)
dmm
電波のエリアはdocomoと同じ!

自分が次に買うならこれが最有力候補です。
但し、SIM・通信設定などを説明書見ながら自分で設定する方限定です。
なんといってもコスパが魅力!!
国内No1の豊富なプランで無駄がない!
電波のエリアはdocomoと同じ!
初期設定なんかなんとかなる!って人にオススメ!
ホームページに詳細解説が有るから心配なし!
自分が次に買うならこれが最有力候補です。

ドコモ・AUスマホからの乗り換えならこれ!

docomo・AUからの乗り換えやすさNo1
格安なのに全国にサポート店も!

ネットプロバイダー「eonet」で長年の実績
関西電力グループのケイ・オプティコムが運営。

格安なのに全国にサポート店も!

安心のdocomoプランに対応!

もちろん、AUプランにも対応!

乗り換えの際に面倒で難しいSIM設定・電話帳移転などもサポート店にお願いしちゃいましょう!

今使ってるスマホを安くしたいなら?
今使ってるスマホ本体と電波エリアと電話番号はそのままで支払額が大幅減!!

docomoプランの電波エリアはドコモと同じ!

AUプランの電波エリアはAUと同じ!

はじめてスマホ買うなら?
ここでスマホを買えば、端末安心サポート 370円/月 で落下や水没による故障もカバー

北海道から沖縄まで!安心の店頭サポート!格安スマホなのに電話帳や写真の移行までやってくれるサービスを店頭でやってもらえる安心感!(有料)

丸投げで作業してくれる範囲は事前にサポート店までお問い合わせを。

返す返すも2016年12月中ってことは??

実質2017年ってことでして。。。