スマホデビューしたいあなたへ!
はじめて買うスマホなら

格安スマホってナニ?

そもそも『格安スマホ』って特別なスマホではなくdocomoと同じように使える普通のスマホなのです。

格安スマホ

格安スマホって、あやしくないの? 大丈夫なの?

「格安スマホ」とは??

大手キャリアと区分する総称として
メディアやユーザーが勝手に作った造語(俗称)です。

(「格安スマホ」というサービスを販売している会社はありません。)

そもそも 『格安スマホ』 って呼び方がチョット変かも?
(ごく適正な価格かと。)

高すぎる大手3社(docomo・au・SoftBank)の横並び料金体系を象徴している気がします。・・民間企業の自由な競争が有れば、サービスも値段も違っているのが自然ですが・・

複雑すぎてわかりにくい所まで横並び・・

料金とサービス体系が『大手3社とも酷似している市場』って自然でしょうか?

一度、見積もってもらうと一目瞭然!

大手3社=契約方法とプロセス・メリット・デメリット・料金サービス内容・プロモーション・問題点まで酷似していますね。(何だかなぁ)

契約内容(全般)が複雑すぎてわかりにくい所まで横並びでした。

例として大手3社とも事実上の最低契約期間が2年で横並びってのは、いくらなんでも不自然に揃いすぎの気がします。(4年ってのもあったような?)

レ点商法って聞いたことありますか?(気をつけましょう・・)

都合、今までが変だったのは明白かと。格安スマホ=大手各社と比べて、極端に値段が安いのでチョット心配かもしれませんが・・

自分は2013年から使ってますけど、大丈夫!

yahoo-news2
普段使ってる時はもちろんですが、大規模停電の時、テレビが見れない時など、いざというときも、ちゃんと使えてます。
ちなみに2015年現在の自分の支払額は月々1040円+税ですが・・
料金に関係なく、普通に問題なく使えます。
(追記:2016年に格安SIMを乗り換えて、さらに安く利用中です。)

普通、スマホや携帯の会社といえばNTTドコモやAU・SoftBankを連想しますね?

最近、スマホCMのイメージが強すぎて何かと混同しやすいのですが。。早い話が、NTTドコモやAU・SoftBank=本業は移動体通信事業者さんってことでして、無論ですが、スマホ売って儲けてるって訳じゃ無いんです。
(スマホ本体だけじゃ、あんなに凄い利益は出ません。)

うーんとザックリ言えば携帯電話の電波を使って通信サービスを提供している通信屋さんって事なんですね。

とはいえ、どんな会社でも参入出来るかって言うと回線網の整備に大きな資本が必要で免許が必要だったり、お国から電波の割り当てをしてもらったりとか大変なことになっているので超大企業しか参入できなかったわけです。

超大企業の大手がシェアを占めているせいか、大人の事情なのか・・

早い話が3社の寡占市場でして・・

なぜか価格が横並び。

なぜか通信容量も7GB~がオススメで横並び。

なぜか独自規格のSIMしか使えない独自規格のスマホ本体を使わせたがり・・・

なぜかSIMロックなんて不毛な仕掛けを施していた訳でございます。(今もw)

(SIM=コレ↓入れないとスマホの通信ができないようになってたりします。)
格安SIM

この体制が結構長く続いていたせいで、料金が固定化してしまい・・

自分(このホームページの管理人)みたいな小市民には高額で手が出せなかった訳でございます。。^_^;

庶民の味方?格安スマホの正体は格安SIM??

あまりに高額な使用料金ゆえ、使う気にもなれなかったスマートフォンでしたが。。

近年、仮想移動体通信事業者ってな事業者さんが出てきて

ドコモのスマホに別会社のSIMを入れると安く使えるよ~~みたいなサービスを開始した訳でございます。

これが、俗にいう『格安SIM』って奴です。(自分が買ったのがコレ)

格安SIM
docomoって書いてありますが、他社のSIMになります。
(ややこしいですねぇw)
ちなみに、電波のエリアはdocomoと同じなので、田舎でも安心です。

つまり、docomo系の仮想移動体通信事業者さん(MVNO)のSIMなのでdocomoのスマホに入れると使えるようになるって訳です。
(この頃(2013年)は、まだTVで宣伝なんかしてなかったような気がします。)

ところが・・ドコモのスマホに他社のSIMを入れてスマホとして使えるようになったとしてもドコモの要らぬ独自の仕掛けがあるため機能に制限が出たりして(テザリングができない、もしくは困難)

しかも、ドコモの場合に限らず、やらしい2年縛り契約なんてものがあるので

乗り換えるには微妙な環境だったりします。
(大手各社が、あの手この手で固定客を囲い込む作戦。)

えぇい!もう面倒だ!!!

だったら、最初から機能制限のないSIMフリーのスマホ本体と格安SIMをセットで売っちゃえ!!=これが格安スマホって感じです。

格安スマホ会社が続々参入してる昨今。

やっと、競争原理が機能する健全な環境になりつつある今日この頃だったりします。。

格安スマホってどんな人に向いているの?

どれか1個でも当てはまれば検討の価値はあると思います。

  • 大手キャリア(docomo・au・SoftBank)のスマホ料金が高額に感じる人。
  • 今使っているガラケーを継続して使いたい人。
  • スマホで長電話をしない人
  • 電話は固定電話でかけるほうが多い人
  • 携帯電話で自分から電話をかける回数が少ない人
  • 外出時に電話を受けるのが目的の人
  • スマホは超小さなパソコン代わりとして使いたい人

格安スマホとdocomoのスマホって何が違うの?

本体の限界性能は概ね本体価格に比例すると思いますが・・

私見ですが、初心者や初級者が超高性能なスマホを使っても違いがわかりません。

格安スマホ

都合、相当特殊な使い方をしないかぎり機能は基本的にどこの会社のスマホでも大きな差は体感できません。
(特に初心者が使う場合には本体性能よりも操作サポートサービスのほうが重要です。)

そもそも、docomoのスマホも格安スマホもガラケーも

携帯電話ですので本体や通信料金の値段に関係なく

電波が届いてなんぼです。

ガラケーVSスマホどっちが使いやすい?

電波の届かないiPhoneなんて、ガソリン入ってない自動車みたいなもんです。

ゆえに、電波を受信するため通信事業者さん(docomoとか)と契約するわけですが・・

実は意外にも、『通話や通信』(電波)の契約はスマホ本体ではなく
SIM↓↓↓単位での契約となります。
格安SIM

つまり、docomoのスマホに他の通信事業者さんのSIMを入れると
格安SIMを入れる
docomoとは契約せずにdocomoのスマホを使えるってことになる!
docomo3
(加えて、結構安い!!)

安くても利用可能な電波エリアはdocomoと同じ!!

これが2012年~2013年ころの格安スマホでした。
(当時の基本=格安SIMとスマホは別売り状態。)

#とはいえ、当時は知名度が低く・・『おいそれ!』と
格安スマホに乗り換える人は相当に少数派だったと思われます。

当時はTVのCMなんて1本もやってなかったような?

今日現在は、格安スマホの会社がSIMフリーのスマホと通信SIMを
セットで売ってくれるので、はじめてでも、凄くラクに買える環境になっています。

docomoのスマホよりも格安スマホの方が優れている?

じつは、docomoを含む大手3社のスマホよりも格安スマホの方が優れているところが有ります。

それは・・『変なオプションが(強制的に)ついてこないのでシンプルで基本料金が安い』ってところです。

逆に、大手三社は『**割』『実質**円』『一括**円』『※※パック』など凄く複雑な料金体系で大変わかりにくく・・

二年間の合計支払総額を24ヶ月で割らないと実質の月額料金が判然としません。

都合、得なのか損なのかわからないうちに高額な契約をして請求書を見てビックリってことに・・

対して、格安スマホは正反対で真逆なのです。

自分で申し込まないと何のオプションもつかないので基本料金1000円の会社に申しこめば・・

月額基本料金は1000円なのです。

もし、これからスマホをはじめるなら

スマホの教室に行って、一日みっちり教えてもらっても・・
一度に全部の操作と機能を覚えるのは無理です。

無理なく覚えられて、スイスイ使えるようになるには?
毎日ちょっとずつ、電話で気軽に操作や使い方を
気兼ねなく毎日教えてもらえる会社のスマホが良いでしょう。

サポート充実・初心者のためのスマホ

toneモバイル

電波のエリアはdocomo

『あとから乗り換え』対応。

ポイント :はじめての人に適したスマホ

★注 スマホに慣れている人・スピードを要求される仕事用途やCPU負荷の高いゲームを使う人・アプリを沢山入れたい人には向いていない(他に選択肢が多数)

良い所① 無料で電話サポート+遠隔サポートで操作に迷ったら助けてくれる。

良い所② 最初からSIM取付+APN設定+IP電話設定が出来ているので、到着したらすぐに使える安心感。

良い所③ 機能が標準的で癖がないため一通り何でも出来る。

良い所④ 月額1000円だけでネット+メールが出来て標準で050電話もできるスマホ

良い所⑤ 通信量=無制限(いくらつかっても追加料金なし)

イマイチな所① スマホ本体の機種が選べない(1種だけ)

イマイチな所② 通信速度が少し遅め。(人口密集エリアの平日昼が少し心配)

オススメ これから操作を(できるだけ安く・ラクに)覚えたい人に最適。対象者=はじめて持つ人・学生・シニア
届いたらすぐに使えてラクチン。

ココで販売されているスマホ=Tone m19 は親切設計で誰でも扱いやすい2019年モデルのスマホです。

ラクラクスマホTONEモバイル

意外に知られていませんが、最初から標準でIP電話が付いているので固定電話や携帯にもかけられる。
★もちろん、標準で050番号もついてきて、着信もできる。(コスパは高い)

販売=蔦屋書店・レンタルビデオで有名なツタヤの系列会社のトーンモバイル株式会社が提供する親切設計で誰でも扱いやすい2019年モデルのスマホです。
初心者がつまづきそうな初期設定が最初から設定済みで届く親切サービス
はじめてだと面倒で難しいSIM設定なども不要。 届いたらすぐに使いはじめることができる

実は重要!docomoの回線と電波エリアで安心して使えます。(だから、安くても安定した電波でいつでも安心して使える!)

月額料金は1,000円+税 使ってわからない時に嬉しい使い方サポートが無料で付いてくるのが魅力。

ツタヤなのでTポイントも付くのはユニーク

       
スマホの操作サポートは要らないんですけど?

選択肢はぐっと広がります。

ちなみに私が最後に乗り換えるならこの会社(IIJ-mio)です。↓(実際に2年3ヶ月使ってました。安定性抜群です。)格安SIM


#日本企業として初めて日本のインターネットサービスを開始した超古参企業。なおかつ、日本で初めて格安スマホをはじめた会社で実績十分!(地味ですが)信頼性抜群です。(注:サポートは並程度で特別親切ではない)
IIJ-mio(最古参で老舗・安定回線)東証一部(株)インターネットイニシアティブ
実店舗のサポート:星05個(0点)(なし)
遠隔サポート:星3個(3点)(有料でサポートあり)
通信の信頼性:星45個(4.5点)(docomo・AUともに対応) (docomo回線がおすすめ、AU回線=非推奨:本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)
通信速度:星35個(3.5点)(極端な落ち込みが少なく、混み合う時間帯も実用速度が確保されている。)
コスパ:星4個(4点)(文句なし。)
会社の実績と信頼性:星5個(5点)公式ページ(IIJ-mio)

TONEモバイル(ツタヤ直系・はじめてのスマホに最適)


実店舗のサポート:星25個(2.5点)(一部の蔦屋にて店頭サポート)
遠隔サポート:星5個(5点)(無料サポート充実・文句なし)
通信の信頼性:星4個(4点)(docomo)
通信速度:星2個(2点)(問題なし・じゅうぶん使える。実行速度(最大で)1Mbps前後(公称0.5Mbps~0.6Mbps))
コスパ:星5個(5点)(はじめてのスマホに最適・文句なし。)
安心・便利な『あとから乗り換え』対応!
会社の実績と信頼性:星4個(4点) (知名度は文句なし・通信事業者としての実績はチョット浅め) 公式ページ(TONEモバイル)



mineo(関西電力グループのケイ・オプティコムが運営。)


実店舗のサポート:星3個(2.5~3点)(有料でサポート可能)
遠隔サポート:星3個(3点)(有料でサポートあり)
通信の信頼性:星4個(4点)(docomo・AUともに対応)(docomo回線がおすすめ、AU回線=非推奨:本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)
通信速度:星3個(3点)(docomoは問題なし・AUは混み合う時間帯は遅め)
コスパ:星4個(4点)(文句なし。)
安心・便利な『あとから乗り換え』対応!
会社の実績と信頼性:星45個(4.5点)公式ページ(マイネオ)



UQモバイル(AU回線のみ) (本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)


★注:店頭サポートは『ほぼゼロ』=実質、他社の通販と同じ。
実店舗のサポート:星05個(0.5~1点)(実際に行ってみましたが期待薄)
遠隔サポート:星3個(3点)(有料でサポートあり)
通信の信頼性:星3個(3点)(本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)
通信速度:星5個(5点)(格安スマホとしては異例の速度)
コスパ:星4個(4点)(文句なし。)
会社の実績と信頼性:星45個(4.5点) 公式ページ(UQモバイル)


ソフトバンク回線で選ぶならコレ一択!
驚きのコスパ!大手並みの高速なのに格安!

コスパ抜群!都市部ならこれ一択でOK!

実質的にソフトバンク傘下の企業=ソフトバンク回線が抜群に良い!

ソフトバンクからの乗り換えも最有力候補。

★地方でも大抵は大丈夫!でも地方の一部や山間部に行くとdocomo程は安定していないかも?

ゲームユーザーに嬉しい高速回線や、LINE・Twitter・Facebook・Instagram を思いっきり使えるデータフリーが嬉しい!

ドコモ・AUスマホからの乗り換えならこれ!

乗り換え作業をショップにお任せ!
格安なのに全国にサポート店も!

ネットプロバイダー「eonet」で長年の実績
関西電力グループのケイ・オプティコムが運営。

格安なのに全国にサポート店も!

安心・便利な『あとから乗り換え』対応!

安心のdocomoプランに対応!
もちろん、AUプランにも対応!(本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)
乗り換えの際に面倒で難しいSIM設定・電話帳移転などもサポート店にお願いしちゃいましょう!

今使ってるスマホを安くしたいなら?
今使ってるスマホ本体と電波エリアと電話番号はそのままで支払額が大幅減!!

docomoプランの電波エリアはドコモと同じ!
AUプランの電波エリアは本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。

はじめてスマホ買うなら?
ここでスマホを買えば、端末安心サポート 370円/月 で落下や水没による故障もカバー

北海道から沖縄まで!安心の店頭サポート!格安スマホなのに電話帳や写真の移行までやってくれるサービスを店頭でやってもらえる安心感!(有料)

丸投げで作業してくれる範囲は事前にサポート店までお問い合わせを。

家族で使うならファミリーシェアプランがおトク
乗り換えて後悔しない『抜群の安定性・信頼性ならこれ!』

実際に2年間使ってみました。
一人あたり1,000円台で余裕の大容量を家族でシェアして
無駄なく使える。

格安SIM・格安スマホを
日本ではじめて実現してくれたのが この会社。

IIJmioの通話定額オプション登場!何度でもかけ放題 IIJmio(みおふぉん)

新しくスマホを買う場合でも安心確実
なおかつ今使ってるスマホはそのまま使えて大幅節約!どちらでも対応できる会社です。

実際に使ってっみるとよく分かる!
抜群の信頼性と安定性と使い勝手の良さ。
なんといっても、不具合が起きない&使い勝手が良い!
(当たり前?でも、それって本当に重要!)
自分も実際に自分で使ってみましたが、凄く安定していました。

格安SIM

家族で、今使ってるスマホをそのまま安くしたい!
そんな方に家族全員で使うと特にお得なプラン満載!

IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる!

格安スマホなんて、誰も知らない頃からやっていたパイオニア的な会社です。
安心のdocomoプランに対応!
docomoプランの電波エリアはドコモと同じ!
注:AUプランにも対応していますが、お勧めしません。(本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)
今使ってるスマホを安心の大容量を無駄なく家族でシェアして安くしたいなら?

AU回線にするならこれ!動画やゲーム重視の方に!

ゲームユーザーにピッタリ!大手キャリアも真っ青の高速回線

ゲーム・動画重視なら
断然高速回線!
AU回線のみ
速度は文句なし!

お住まいの地域(使っている場所)がdocomo回線よりもAU回線の方が電波環境が良いなら、あえてdocomoにする必要はないかも?

もしAU回線にするならこれ!ゲーム&動画重視で選ぶならこれでしょうね。(注:本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)

良い所① 抜群に速い大手並みの通信速度。

良い所② AUユーザーの乗り換えに最適。

イマイチな所① AU回線のみ

イマイチな所② 3G回線が使えないのでエリアが狭い。

イマイチな所③ 大容量プランにすると大手並みに高額。

イマイチな所④ SIMセット・APN設定などの初期設定は全部自力

オススメ ゲーマー&市街地だけで使用する人。

★注 山間地・高原・スキー場・観光地などで圏外になる可能性。

圏外

auスマホユーザーの乗り換えも
コレが最有力でしょう!

SIM交換だけで、今使ってるauスマホが格安に!

大手キャリアも真っ青の回線品質!
お昼や夕方の混雑時にも快適に使えると大評判!
抜群の高速回線!回線品質文句なし!

スマホとSIMの同時購入で故障時の端末交換サービス、修理サービスの他、 盗難・紛失時の補償サービスが月額 410円で

もちろん!SIMだけの申込みでもOK!!

初期設定もラクラク簡単!

格安スマホ通信速度満足度No.1に選ばれる実力派。

他ではチョットありえないほどの高速回線の格安スマホ

この品質なら、もう大手じゃなくても良いんじゃない?って思うほどの高速回線が格安で!(本家のAU回線と違って3G回線が使えないので都市部限定:地方・山間部は微妙ですので慎重にご検討下さい。)

ガラケーからスマホに乗り換えたい。

 

いきなり格安スマホに乗り換えるのはチョット微妙かも??

あとから乗り換え

そうはいっても、格安スマホは不安?

それなら、電話番号を移転(MNP)するまえに
数ヶ月間程度、試しにデータSIMだけで格安スマホを長期試用してみましょう!

電話番号を移転してしまうと移転先のサービスが気に入らない場合に『やっぱりやめたい』ってことになりますが、『解約+電話番号移転+別会社へ転出』の手続きが面倒です。

まずは、電話番号の転出(MNP)の前に腰を据えて1ヶ月~数ヶ月(もしくは年単位)試しに月額900円前後のデータSIMだけで格安スマホを試用してみましょう!
(データSIMの契約なら、いつでも解約+移転ができて安心確実)

つまり、今使っている携帯電話は そのまま継続利用して格安スマホを試しに使って気に入ったら乗り換えるって方法です。
まず、本体はdocomoでもSoftBank・AUはもちろん、どこの格安スマホでも、どこの会社でも使える堅実で間違いのないSIMフリー機種で十分な性能のものを選びましょう。
(これ↓が一番手堅い方法です!)

スマホ選びは、ずっと使える性能と価格のバランスが大切

コスパの観点からスマホはミドルクラスがオススメです。
(*よほど、特殊&ハードに使わない限り一般的には余裕のスペックです)

(例=入門版のスマホの多くは、クアッドコア(4CPU)に対し下記2機種は8CPU(CPUが倍)で、RAMメモリーも十分=当然処理能力UP・サクサク動いて満足度が高い)
最有力候補は専門情報誌でもトップクラスの人気で評価の高い=HUAWEI P20 lite  または HUAWEI P30 lite か SHARPのAQUOSシリーズ(AQUOS sense2 SH-M08など)が、かなり良かったです。

どちらを選んでも間違いないとは思いますが・・・
Sharp のAQUOSシリーズ
おサイフケータイ+アフターケアに期待=日本ブランド!シャープのAQUOSシリーズ(AQUOS sense2 SH-M08など)で

写真を重要視するなら HUAWEI P20 lite  または HUAWEI P30 lite 

HUAWEI P20 lite
と覚えておけば間違いないです。

★備考*安心と信頼性なら?=シャープのAQUOSシリーズ(AQUOS sense2 SH-M08など)が良いです。
同機種は両方共にdocomoでもSoftBank・AUはもちろん、どこの格安スマホでも、どこの会社でも使えるSIMフリースマホですので安心です。(性能も十分)

確実で信頼性が高い機種+本体の保証に加入できるところがベター

まず、本体は日本で初めて格安スマホサービスを開始した老舗&最古参のIIJmioで買っておけば(価格・保証ともに)間違いないです。

① 最初は、お試しで最安の『データ専用SIM(月額900円)』とセットでスマホを買って通信速度や使用感を確認しましょう。(最安購入&いつでも解約料無料で安心)

(★備考:どうしても操作が不安なら『スマホの操作サポート』のオプション(いつでも解約料無料)を付けておきましょう。)サポートは固定電話から専用フリーダイヤル「0120-300-197」に電話するようになります。

② 電話番号移転(MNP)をしたい場合には、①の後に、納得できてからMNPをしましょう。(慌ててMNPをするのはオススメしません。)

③ 万一、通信速度や使用感が気に入らなければ解約し本体はそのまま使ってSIMだけ他社に乗り換えましょう。

(★備考:実は乗換先は自由なのです。上記の2機種は格安系でも、docomoでも、AUでも、SoftBankでも好きな会社に乗り換えができるSIMフリーの機種です。)

(多分ですが、これ以上 手堅い方法は無いと思います。)

IIJ-mio(派手さは皆無・最古参で老舗・安定回線)
東証一部(株)インターネットイニシアティブ が運営。
★格安スマホなんて誰も知らない頃から実用化したパイオニア的存在。信頼と品質・実績で選ぶならコレ!
★特別、他社よりスピードテストの値が速いわけではないが、他社で見られるような途中で停止する不具合が殆ど感じられず、実にスムーズに使える。実質の体感スピードやダウンロードスピードは他社よりも速い。もちろん仕事でも使える。
#信頼性は十分だが、平日昼休みの通信スピードはUQほどの速さは望めない。
実店舗のサポート:星05個(0点)(なし)
遠隔サポート:星3個(3点)(有料でサポートあり)
通信の信頼性:星45個(4.5点)(docomo回線がおすすめ、AU回線はUQの方が良さそう。)(docomo・AUともに対応)
通信速度:星35個(3.5点)docomo系の中では最も安定した通信品質。(お昼のスピードが落ち気味だが格安サービスの中では極端な落ち込みが少なく混み合う時間帯も実用速度が確保されている。)
★通信の信頼性:通信速度:2年3ヶ月長期テスト済み。通信障害による不具合などは見当たらない。(スピードテスト+実際に使用して実地テスト済み)
格安SIM
節約モード:星4個(4点)docomo系格安サービスの中では唯一不満なく節約モードのまま使えて、気が付かないと節約モードのまま切り替えを忘れてしまうほど実用的。(下写真参照)(節約モード:=メール・カーナビなど実用用途なら十分使える)
スマホの使用量
コスパ:星4個(4点)(文句なし。)
スマホ本体のお買い得感:星5個(5点)(今ならSHARP AQUOS がお得)(信頼性の高いスマホを販売・お買い得価格・本体の保証も充実)
会社の実績と信頼性:星5個(5点)
IIJmio公式ページ