スマホデビューしたいあなたへ!
スマホとガラケーどっちを選ぶ?

近年、しばしばテレビで格安スマホ系のCMを目にする今日このごろですが・・・

あのサービスを要約しますと、仮想移動体通信事業者(MVNO)が提供しているスマホ用SIMによる通信サービスといえそうです。

格安SIMを入れる

平たく言えば、内蔵されているSIM(部品)を交換すれば別会社の回線を利用できる携帯電話の特性を利用したサービスです。
(基本料が大幅に安くなる)

サービスの形態として・・

① 通信用SIMと同時にSIMフリーのスマートフォンをセットで販売可能な会社

② SIMだけ提供している会社

がそれぞれTVCMで露出しているので『通信用SIM』で安くなる? もしくは『スマホを売っている風』で、テレビで初めて見た人には、チョットわかりにくい印象も。

都合、基本的なサービスは2種に別れると思います。

① はじめてスマホを購入するユーザー(スマホと格安SIMをセットで購入)

② 既存ユーザーがNTTdocomoのスマホに適合する格安SIMを入れて運用する。
(スマホは現状のものでOK|SIMだけ有ればOK)(大幅なコストダウン)
(AUも同様。)

ここらへんが、30秒のTVCMでは詳細に説明しきれない部分といえるでしょう。

★元々は、SIM(通信サービス)のみが先行していたサービスですので、当初は積極的にスマホとセットで販売していたわけではありません。

格安SIM

ぽっと出てきたサービスに見えますが、MVNO的なサービスは相当前から有ったようです。
(一般消費者には、全く馴染みの無いものでしたが。)

Wikipediaでは、2001年10月 にb-mobileがDDIポケットのPHS網を借りて、年額制データ通信サービスを開始したのが日本でのMVNO第一号とされております。

備考:DDIポケットとは?
昔、PHSを提供していた会社です。↓

kyocera

格安SIM(スマホ用MVNO(Mobile Virtual Network Operator)の歴史って?

近年テレビCMで相当に認知されつつ有る、SIMで提供されている一般個人向けスマホ用MVNO(Mobile Virtual Network Operator)自体はそんなに昔の話では無いようでして・・

一般に広く認知されたのは、イオンリテール株式会社で株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のSIMの取り扱いが開始された2012年ではないでしょうか。

イオンの店頭で誰でも手にすることが出来るきっかけとなったことは大変意義深く、素晴らしい出来事でした。

反面、通信速度は 廉価バージョンの場合「ミニマムスタート 128プラン」の商品名から推察できる通り、最大128kbps となっており、3大キャリアと比較すると決して高速通信とはいえなかったかもしれません。

それでも当時、月額1000円以下のNTTドコモのLTE網に対応した通信サービスが登場したことは画期的でした。

(当時のバリエーションは、標準SIMとmicroSIMのみ)

翌2013年には商品名が『ミニマムスタートプラン』と改定され、『最大200kbps』の通信スピードとなり、実用性が大幅に向上しました。

その後、2013年内に高速通信容量(バンドルクーポン)が毎月500MB付与されるサービスが開始され、気軽に高速通信を試すことが出来る環境となり

翌2014年4 月 1 日には、1GBに増量され、さらに、2014 年 10 月 1 日2GBに増量されました。

そして、2015 年 4 月 1 日には3GBに増量され、平均的なユーザーの多くをカバーできるサービスとなってきたわけです。

余談ですが、NTTコムリサーチの調査結果によると『月間データ通信量1GB未満の人は約7割』とされておりますので、十分な容量と言えます。
(NTTコムリサーチの同調査=http://research.nttcoms.com/database/data/001865/)

もし、これからスマホをはじめるなら

スマホの教室に行って、一日みっちり教えてもらっても・・
一度に全部の操作と機能を覚えるのは、ちょっと無理です。

無理なく覚えられて、スイスイ使えるようになるには?

毎日ちょっとずつ、電話で気軽に操作や使い方を
気兼ねなく毎日教えてもらえる会社のスマホが良いでしょう。

初心者サポートNo1!ビギナーに優しい機能満載!!
電話サポート付き!はじめて買うなら、これがラクチン。
toneモバイル
電波のエリアはdocomoと同じ!

はじめてならコレ!

蔦屋書店・レンタルビデオで有名なツタヤのスマホなら初期設定済み!
はじめてだと面倒で難しいSIM設定なども不要。
届いたらすぐに使いはじめることができます。

さらに無料でサポートが付いてくるのが魅力!
電話で操作を教えてくれるのは勿論のこと、
遠隔(リモート)サポートもあるので安心!
サポート詳細はこちら。

しかも、初心者に優しい機能も満載です。
初心者に優しい機能はこちら。

一部地域限定ですが、蔦屋書店の店頭サポートも有ります!
店頭サポートの詳細はこちら

TSUTAYAのスマホならではの機能も充実。
ツタヤだから、Tポイントも付きます。

いざというときに使えるdocomoの回線と電波エリアで安心!
なんと、通信容量が無制限
しかもこの価格!!本当に大丈夫??ってほど安い!
しかもツタヤのスマホだから得体の知れない会社と違って安心!(落として壊れたらどうしよう?と不安なら?月々500円で万が一の本体破損時の修理費・盗難時の買替え費用をカバーする本体保証オプションも!おまけで、全国約63,000ヵ所でWi-Fi接続の利用ができるサービスがセットでついてきます。)

はじめてのスマホなら・・慣れるまでに結構時間がかかるかも?
ということは?最高性能(高額)のスマホじゃ勿体無い?
だったらこれしかないでしょう!
普通に使うには十分です!!

今使ってるスマホはそのままで格安!買い替え不要で格安に!

今使ってるスマホはそのままで格安!ドコモ・AUスマホ両方対応!
格安なのに全国にサポート店も!

ネットプロバイダー「eonet」で長年の実績
関西電力グループのケイ・オプティコムが運営。

格安なのに全国にサポート店も!

安心のdocomoプランに対応!

もちろん、AUプランにも対応!

docomoスマホ・AUスマホは買い替え不要!そのまま使えて格安に!乗り換えの際に面倒で難しいSIM設定・電話帳移転などもサポート店にお願いしちゃいましょう!

今使ってるスマホを安くしたいなら?
今使ってるスマホ本体と電波エリアと電話番号はそのままで支払額が大幅減!!

docomoプランの電波エリアはドコモと同じ!

AUプランの電波エリアはAUと同じ!

はじめてスマホ買うなら?
ここでスマホを買えば、端末安心サポート 370円/月 で落下や水没による故障もカバー

北海道から沖縄まで!安心の店頭サポート!格安スマホなのに電話帳や写真の移行までやってくれるサービスを店頭でやってもらえる安心感!(有料)

丸投げで作業してくれる範囲は事前にサポート店までお問い合わせを。

初心者に不親切?それでもコスパ重視なら有力候補です。

コスパと豊富なプランで断トツのNo1!
(SIM・通信設定など自分でやる方限定)
dmm
電波のエリアはdocomoと同じ!

自分が次に買うならこれが最有力候補です。
但し、SIM・通信設定などを説明書見ながら自分で設定する方限定です。
なんといってもコスパが魅力!!
国内No1の豊富なプランで無駄がない!
電波のエリアはdocomoと同じ!
初期設定なんかなんとかなる!って人にオススメ!
ホームページに詳細解説が有るから心配なし!
自分が次に買うならこれが最有力候補です。